プチ自慢ブログ

2018.06.19

おいしいお茶で一息いれましょう 山梨商店さん 深蒸し茶パッケージシール

 半世紀以上に渡り静岡で製茶問屋を営んでいる、山梨商店さん。

興津に「和 cafe 茶楽」さんを運営し、今年4月には大正浪漫漂うおしゃれなギャラリースペース「蔵ギャラリー 茶楽」をオープン。

町のお茶屋さんがどんどん無くなっていく中、興津の新名所として、タウン誌「すろーかる」に「蔵ギャラリー 茶楽」さんが掲載されています。

そんな山梨商店さんのホームページはコチラになります、茶楽さんのホームページはコチラです。

茶楽さんの店内にはなんと店主さん手作りの真空管アンプがあるそうです!作り方を教えていただきたいくらいです。

 

今回のシールは深蒸し茶のパッケージシールです。

爽やかで落ち着いた雰囲気のデザインになっています、モダンでおしゃれな印象ですね。

緑色の部分はグラデーションがかかった様に、上のから下のほうに向かって深みのある緑になっていきます。

深蒸し茶の深み感が出ているのではないでしょうか。

 

山梨商店さん及び茶楽さんは、常に一歩前を見ながら、私達に新しいお茶の魅力を提供し続けてくれるでしょう。 

 

パッケージシールです。温かみも感じますね。

茶楽さんの店内、おしゃれで大人な雰囲気です。

お茶の販売もされています。

蔵ギャラリー茶楽さんの様子です、元々はお茶の冷蔵庫だったそう!

2018.05.10

かわいいネコにおいしいおやつ トーリーメイトさん HIMONO×NEKOステッカー

トーリーメイトさんのHIMONO×NEKOちゃんのステッカーです。
 
トーリーメイトさんは関東地域に展開しているペットショップさんです。
トーリーというのは肉球を表す言葉との事です、トーリーとメイトで肉球仲間!なるほど!という感じです。
かわいいネコちゃんワンちゃんがいっぱいのトーリーメートさんのホームページはこちらです。
 
このHIMONO×NEKOちゃんはトーリーメイトさんのオリジナルキャラクター。
どういったイメージで誕生したのか伺ったところ。
わが国日本の歌でネコが出てくる歌、思い浮かべてみましょう。
ネコですよネコ。思い浮かびましたか?それではせーの!!
♪おさかなくわえたドラネコ♪というイメージで、干物をパクッとくわえているそうです。
でも余談ですが、ペット用の干物はネコちゃんよりもワンちゃんに好評だそうです
昔ネコを飼っていたので思い出すのですが。
ネコって、「いつももらってるご飯以外は食べないニャ」みたいなところありますもんね。
でも、HIMONO×NEKOちゃん達おいしそうに食べてるから、食べてねネコちゃん!!
 
さらに余談で申し訳ないのですが、これを書いてる人間の家に現在犬がいまして、干物、バクバク食べます
 

2018.04.26

伝統の味わいをラベルで表現 森下商店さん金山寺みそパッケージラベル。

森下商店さんの金山寺みそのパッケージラベルを印刷させていただきました。
 
森下商店さんは静岡市で70年近く金山寺味噌や、梅干等の漬物を製造、販売していらっしゃる会社さんです。
この辺りで金山寺と言えば森下商店、というくらい地域に浸透している有名な製造者さんです。
森下商店さんのホームページはコチラです。
 
今回の金山寺みそのパッケージはフルカラー印刷になっています。
ラベルを目をこらしてよーーく見ると、点の集合体である事がわかります。
青、紅、黄、黒の点がうまく組み合わさって各所の色が出ています。
下の写真、右が拡大写真です、ニンジンが赤と黄色の組み合わせでオレンジになっているのがお分かりいただけるかと思います。
色合いは派手さをおさえ、温かみのある素朴な雰囲気に仕上がっています。
 
ずっとお仕事をさせていただいているのに知らなかったのが申し訳ないのですが…。
「フジモ印」というのは富士山のフジと森下商店さんのモからきているのですね。
子供のころからあちらこちらで「フジモ印」を目にしておりました。
これからもたくさんのフジモ印商品のパッケージを、印刷させていただけたらと思います。

2018.04.23

静岡の名所が一目で判る!ようこそ静岡へ 富士山の日シールセット

以前印刷させていただいた、マーレプランニングさんご依頼の静岡県ホテル旅館生活衛生同業組合様、富士山の日シールセットです。
 
このシール、静岡の名産名所が一目でわかってしまうシールになってます。
ちゃんと場所まできっちり合わせてあるというとても凝ったデザインになっています。
我々静岡の人間にとっては、なるほどなるほど、と思えますが。
県外の方が見ると、「おぉぉ??」って思う物もあるのではないでしょうか。
うなぎはまぁ有名な感じがしますね、うなぎを使った有名なお土産もありますしね。
お茶!有名すぎるくらい有名ですね。って静岡県民が自ら言うなやって話ですが…。
わさびも強いんですよね、そのワサビを使ったワサビ漬けも静岡自慢の一品です。
灯台、ここですねぇ、県外の方でこの灯台がどこの灯台かご存知の方はけっこうディープな静岡通なのではないでしょうか?
 
県外の皆様、静岡へとお越しいただき、静岡の名産名所を堪能し、おもてなしの心いっぱいのお宿にお泊りいただければと思います。
地味ですがいい所、だと思います、これからの時期ですとちょっと気が早いですが。
土用の丑の日にうなぎをどうぞ!といったかんじですね。
静岡の人間でも静岡県内のうなぎを食べるチャンスって滅多に無かったり…ですが(^▽^;)

2018.03.07

暗いところで光る!東洋ブラザーさん「非常時の開け方」蓄光シール

以前より印刷させていただいております、東洋ブラザーさんの非常時の開け方、蓄光シールです。

東洋ブラザーさんは冷凍保存車のコンテナを製造していらっしゃる会社さんです。

近年高齢化社会を迎えており、買い物弱者の方々が増加しておりますが、そういった買い物弱者の方々、現代の世の中へ貢献していきたいという意志が伝わってまいります。

この蓄光シールなのですが、要は暗いところで光るシールです。

蛍光灯の光をしばらく当てておいて、明かりを消すとボヤーっと光るあれです

このシールを冷凍コンテナの中に貼る事により、

いざコンテナの中に閉じ込められてしまった場合でも、蓄光シールが光る為それが目印となり、非常用のレバーの位置がわかる、というものです。

またこのシール、「●印を押し破り」と書いてあるのですが、この部分にミシン目が入っているため、破れやすくなっています、非常時にシールが破れなくてレバーが下げられないんじゃせっかく位置がわかっても…となってしまいますからね。

このシールが移動販売をなさる方々の安全に貢献出来たらと思います。

③

 

右の様な車両のコンテナ内に貼っていただいております。

左が光っている状態です

シール②
Copyright (C) 保坂シール印刷株式会社 All Rights Reserved.